トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

競馬ニュース

今年のM-1を制した霜降り明星・粗品さんがその賞金を有馬記念で大勝負するそうです。
【霜降り明星・粗品「M-1の賞金は有馬記念にブッこむでー」】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/12/14(金) 23:27:23.40
出る馬出る馬全部負けてるじゃないの
というか近年は有馬勝ってるのサンデー系かロベルト系ぐらいだね。
日本ではやってるキングマンボ直系に絞っても勝ってる馬はいない。

なんでミスプロは有馬勝てないの?
キセキやレイデオロやミッキーロケットとか余裕で単勝から外せるんだけど
ソングオブウインドやマーベラスクラウンやワークフォースやエルコンドルパサーが出ても有馬負けてたんじゃないの?

【なんでミスタープロスペクター系の馬は有馬記念を勝てないの? 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/12/14(金) 12:39:28.83
【朝日杯FS】マイネルサーパス騎乗の丹内騎手、「お世話になっている『マイネル』の馬でG1を勝ちたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000151-sph-horse

マイネルとの出会いは、挫折を経験した06年。8月の新潟競馬で右上腕骨を骨折し、10か月間の長期休養。
08年4月から再び同じ箇所を傷めて5か月間戦線離脱し、約1年半も休むことになった。
「減量もないし、お手馬もいない。一番つらい時期」に先輩の松岡に紹介されたのが、『マイネル』だった。

騎手人生の節目はいつも共にあった。15年のマーチSをマイネルクロップで重賞初制覇。16年には函館記念をマイネルミラノで制し、
故郷の函館に錦を飾った。そして今回は、人馬ともに初のG1タイトルを狙うマイネルサーパス。
「賞金を加算できれば、来年のクラシックにつながる。この馬と日本ダービーに行きたいんです」
丹内騎手

【丹内「お世話になっているマイネルの馬でG1を勝ちたい」 】の続きを読む

このページのトップヘ