トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

競馬ニュース

1: 名無しの養分さん 2017/11/24(金) 18:10:28.09
 2014年の皐月賞馬で重賞5勝を挙げたイスラボニータ(牡6歳、美浦・栗田博憲厩舎)が、次走の阪神C(12月23日、阪神)を最後に現役を引退し、北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが24日、分かった。所属する社台サラブレッドクラブのHPで発表された。

 同馬は父フジキセキ、母イスラコジーン(父コジーン)という血統。2013年6月に東京でデビューし、3戦目のいちょうSから4連勝で皐月賞を制した。前走のマイルCSでは1番人気に推され、3年7か月ぶりとなるG1勝利を目指したが5着。ラストランとなる阪神Cは、引き続きルメール騎手とのコンビで臨む。
【イスラボニータ、阪神Cラストランで種牡馬入り】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/24(金) 12:08:32.92
チャンピオンズCの騎手想定は全て埋まっておりデムーロは当日阪神予定

前走東京にいて乗れなかったモルトベーネは本番の依頼も断った模様
ムーアが帰国して空いたゴールドドリームの鞍上も川田に
デムーロ

【デムーロ、チャンピオンズC騎乗馬無しで阪神で空き巣…】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/24(金) 00:12:22.45
美浦トレセン(茨城県)の堀宣行厩舎に所属するブレステイキング(牡2歳/父ディープインパクト)である。

母のシユーマは、アイルランド生まれのフランス調教馬。欧州に限らず、カナダ、香港のレースにも参戦し、重賞戦線で活躍してきた名牝だ。
4歳時には、サンチャリオットS(イギリス・芝1600m)とE.P.テイラーS(カナダ・芝2000m)と、ふたつのGIレースを制している。

「スタッフに感触を聞いてみると、ブレステイキングは相当走りそうですよ。素質馬が集まる堀厩舎の中でも(その資質は)抜けていいようで、かなり高い評価を受けています。
スタッフからは『クラシックに乗せたい』という言葉がすぐに聞かれましたから」

堀厩舎と言えば、今や日本を代表するトップ厩舎のひとつ。そのスタッフがここまで絶賛するのは「あり得ない」と先述したトラックマンは話す。

日曜東京4R芝1800mデビュー。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00010000-sportiva-horse
堀宣行

【遂に三冠候補のブレステイキングがデビュー!堀厩舎絶賛!「あり得ないくらい凄い」 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/24(金) 10:28:14.31
(1)レース映像他の高画質化
2017年12月2日(土曜)からJRAホームページにおけるレース動画の画質を高画質化し、高画質(2Mbps)、標準画質(1Mbps)、低画質(500Kbps)の3種類を配信することになりました。
開始日
2017年12月2日(土曜)以降に配信されるレース映像を含む全ての映像
ご注意:これまで配信された映像は変更されません。
再生環境
HTML5 PlayerまたはFlash Player
ご注意1:Andoroid搭載フィーチャーフォンでの閲覧はできません。
ご注意2:推奨環境でもブラウザのセキュリティ設定や、セキュリティソフトのご利用状況、設定状況などによってご利用いただけない場合があります。
JRA

【【朗報】JRAのレース映像が高画質化】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/23(木) 17:30:25.67
ソース
http://www.jscompany.jp/nomination/js.cgi

2017年社台系交配相手一覧
no title

https://pbs.twimg.com/media/DNjQ9ckU8AAZlfi.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DNjQ9chVQAo8iRa.jpg

来春誕生予定
モーザリオ
モンティルドンナ
モエナビスタ
モープスター
モンハライト

【【朗報】モーリス早くも満口 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/22(水) 19:00:13.71
それにしても、秋口までは「今年の3歳牡馬はレベルが低い」とかさんざん言ってた人たちはどう手のひら返しするのか。
そもそも自分は前から言っているように世代レベルというものはほとんど存在しないと考えていて、
今年の歳が強い弱いという物言いは、結果を分析する上での便利さを除けばほとんど意味がないと思う。
それは、特定の人気種牡馬の、配合相手の質のサイクルなどに負う部分が大きいと思うのだけど。
斤量やレースの性質により、特定の時期になると毎年3歳が健闘するとか、
特定のレースで3歳が強い、高齢馬が苦戦などという傾向は、もちろん存在すると思うが、これは世代レベルとは別のことだ。

http://mizukami-manabu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/19-68aa.html

【水上「『今年の3歳牡馬はレベルが低い』とかさんざん言ってた人たちはどう手のひら返しするのか」 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/23(木) 13:11:40.99
3年連続の来日で「どんなレースも勝ちたいけど、ジャパンCや有馬記念を勝てれば」と燃えている。現在、M・デムーロがG1・10戦連続3着以内と好調で、今年は異なる馬でG1を6勝していることを伝え聞くと、「アメージング。“ミルコ包囲網”を敷かないと。止められるように頑張ります」とキッパリ。
世界的な名手の騎乗技術で、数多くの熱戦を見せてほしい。(デイリースポーツ・大西修平)
https://www.daily.co.jp/horse/2017/11/23/0010756015.shtml?pg=amp

日本人の騎手が一人でもこんな事言ったことあったか?
こんなんだから外人にやられるんだよ

www
ボウマン

【ボウマン「日本人騎手は何故ミルコに楽な勝ち方をさせるの?僕がミルコを止めるよ。」 】の続きを読む

このページのトップヘ