トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

次走

1: 名無しの養分さん 2018/09/05(水) 14:05:45.99
ソースはキャロ公式

「秋は府中牝馬Sからエリザベス女王杯へ向かうと決めて、牧場でも順調に調整が進められているところです。そろそろ具体的な移動を考える時期になってきましたが、この両レースに関しては秋に来日するモレイラ騎手に乗ってもらうことになりました」(矢作師)
モレイラ騎手

【リスグラシューはモレイラに乗り変わり 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/09/02(日) 06:27:16.06
【札幌2歳S】ホッカイドウ競馬のナイママ2着…今後は川崎へ移籍
https://www.hochi.co.jp/horserace/20180901-OHT1T50218.html

今後は川崎競馬の河津裕昭厩舎への転厩が内定。東京スポーツ杯2歳S・G3(11月17日、東京・芝1800メートル)から暮れのG1出走を目指していく。

【ナイママは川崎・河津厩舎へ移籍して東スポ杯2歳Sへ 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/08/29(水) 15:55:43.67
モレイラ騎手と新コンビを組みキーンランドCで重賞初制覇を飾ったナックビーナス(美・杉浦、牝5)はスプリンターズS(9月30日、中山、GI、芝1200メートル)を目指すが、騎手は未定。
ソース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000525-sanspo-horse
中山競馬場

【ナックビーナス、スプリンターズS目標も騎手未定...... 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/08/30(木) 09:28:10.89
宝塚記念でG1初制覇を飾ったミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無厩舎)が天皇賞・秋(10月28日、東京)で復帰することが29日、分かった。その後はジャパンC(11月25日、東京)、有馬記念(12月23日、中山)とG1を連戦する予定。管理する音無調教師が明らかにした。

 当初は京都大賞典(10月8日)からの始動を予定していたが、放牧先での調整が遅れたため、復帰予定をスライドすることになった。「レースの1か月前あたりに(栗東へ)戻す予定です。秋は3戦ですね」と音無師は説明した。

 

【ミッキーロケット、京都大賞典を回避で天皇賞秋へ直行 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/08/29(水) 12:53:55.42
今年のGIII中京記念の勝ち馬で、次週のGIII京成杯AH(9月9日、中山芝外1600メートル)に出走予定だったグレーターロンドン(牡6・大竹)が、ツメ不安のため同レースを回避することになった。

29日朝、大竹調教師は「今後は未定。在厩で様子を見ます」と残念そうに話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000023-tospoweb-horse
餌やり

【グレーターロンドン、ツメ不安で京成杯AH回避 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/08/27(月) 22:01:54.64
9月2日に小倉競馬場で行われる小倉2歳S(GIII・芝1200m)の登録馬が発表され、未出走馬のステイグリーン(牡2、栗東・森秀行厩舎)、セイウンコービー(牡2、栗東・森秀行厩舎)もその中に名を連ねた。

通常、重賞競走に出走するためには「1勝以上」(正確には収得賞金が0円でないこと)が必要となるが、小倉2歳Sなど2歳夏季の重賞競走や、3歳春季GIのトライアルレースには未出走馬や未勝利馬も現在は出走可能となっている。

ステイグリーンは父Stay Thirsty、母Jeannie S、その父Sky Mesaという血統の外国産馬。セイウンコービーは父Congrats、母Royal Card、その父Chapel Royalという血統のこちらも外国産馬。管理する森秀行厩舎からは、今年3月に行われた弥生賞(GII・芝2000m
※上記の「3歳春季GIのトライアルレース」のため出走可能)にも当時未出走のヘヴィータンク(牡3)が登録し、出走(10着)したことも話題となった。

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=141819

【森秀行調教師、未出走馬を小倉2歳Sに登録 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/08/24(金) 20:31:19.81
関屋記念を3歳牝馬で勝利したプリモシーン(美浦、木村)は、引き続き北村宏司騎手とのコンビで秋華賞(10月14日・京都、芝2000m)へ向かうことが、本日発表された。
関屋記念での疲労が激しいことからトライアルを使わずに秋華賞へ直行する。


北村
【プリモシーン 引き続き北村宏司騎手とのコンビで秋華賞へ直行 】の続きを読む

このページのトップヘ