トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

2017年06月

1: 名無しの養分さん 2017/06/25(日) 20:58:46.37
https://twitter.com/yfntsyk81/status/878916657686626305

ゴールドアクター好走の要因
「伸び切った感じでフォームが崩れていた。もっと前を起こして走らないとトモが入ってこないと思ったから」と典さんが厩務員に歩かせ方や普段の動かし方のアドバイス→「たったそれだけのことで、ガラッと良くなっているんです」と、担当も目を丸くするほど


初コンビの天皇賞・春は7着。
出遅れて、流れにも乗れず敗れた。「競馬の前から妙に落ち着いていた。2走ぼけなのか、走りも、競馬が終わった後の息の入りも。むしろ、あれでよく7着にきた」。

ただ、陣営が1つでも上の着順を目指し、調整を施した上での敗戦だ。結果を受け入れ、先につなげる。スタッフとも話し込み、自分なりに改善点も伝えてきた。
1週前追い切り後、身ぶり手ぶりで感触を担当者に伝える姿があった。「少し気になるところがあったから。俺自身、この前が本来の走りじゃないだろうって思っている」。
普段の運動時から、1歩ごとの踏み込みを意識するように話したという。15年の有馬記念を制したグランプリホース。その実力を認めているからこそ、もう1つタイトルを取らせたい。

 今週、力を出し切れそうな手応えを感じた。「火曜に見た時も歩き姿がいいなと思った。正直、短期間でここまで変わるかって感じもした。阪神がどうとかより、順調かどうかが大事。馬自身は絶対にいい方に向いている」。
出典:日刊スポーツ様より
【横山典弘騎手、ゴールドアクター陣営に調整のアドバイスをして2着に持ってくる】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/06/27(火) 17:36:03.14
須藤凜々花推し馬主が激白「見返りを求めるべきではない」「卒業しても応援」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000031-tospoweb-ent

「第9回AKB48選抜総選挙」で「りりぽん」ことNMB48・須藤凜々花(20)が発した結婚宣言が
いまだに波紋を広げているなか、須藤のキャッチフレーズにちなんだエンジェルアイドルなる
競走馬が明日の28日、兵庫・園田競馬場でデビューすることが分かった。
実は同馬の馬主は、須藤の熱狂的ファンである木村良明さん。
NMB加入当初から須藤を応援してきた木村さんは、突然の結婚宣言にどんな思いを抱いているのか――。

(略)

 今回の総選挙でも須藤を強烈に後押しした木村さん。約30万円を投じて300票以上投票した。
沖縄にも行く予定だったが中止となったために仕事場でテレビ観戦。
そこで須藤の口から飛び出したのが、まさかの「結婚します」だ。

 木村さん:ビックリですわね。えっ…、という感じでした。ぼうぜんという感じで何が何だかわからない。
自宅に車で戻る時は“事故るんじゃないか”と思いましたよ(笑い)。

 須藤のツイッターには「裏切り者」「カネ返せ」など罵詈雑言が浴びせられて大炎上している。
だが木村さんには、そういった感情はない。

 木村さん:アイドルを応援するのは自己満足の世界。自分が応援したいから応援する。
自分の思い通りになってほしいというのは少し違うと思うんです。
見返りを求めるべきではない。応援することを楽しむもの。
彼女の人生だから彼女の好きにすればいいんですよ。ただ20歳を過ぎた社会人としては、
ビジネス上で迷惑になる部分も考えなければならない。もう少し考えてほしかったな、とは思います。

 須藤は21日に都内で会見し、1年前から交際していた男性と結婚すること、
NMBを卒業するつもりであることを明らかにしている。

 木村さん:会見の内容を見て「彼女らしいな」と思いました。最後まで自分を貫き通した。
7月に予定されている握手会で「りりぽんの生きたいように生きればいい。
卒業後にタレント活動をするなら、応援できる機会があれば応援するよ」と伝えるつもりです。
須藤凛々花


【須藤凜々花推し馬主が激白「ファンは見返りを求めるべきではない」「卒業しても応援」 】の続きを読む

6/28(水) 第40回帝王賞(JpnⅠ) 大井・ダート2000m
1-1 メジャーアスリート(牡8、高橋哲也、浦和・柘榴浩樹)
1-2 アウォーディー(牡7、武豊、栗東・松永幹夫)
2-3 ケイティブレイブ(牡4、福永祐一、栗東・目野哲也)
2-4 ミッキーヘネシー(牡8、瀧川寿希也、高知・別府真司)
3-5 グレイスフルデイズ(セ7、宮川実、高知・打越勇児)
3-6 アポロケンタッキー(牡5、内田博幸、栗東・山内研二)
4-7 オールブラッシュ(牡5、C.ルメール、栗東・村山明)
4-8 ウマノジョー(牡4、山本聡哉、大井・渡辺和雄)
5-9 メイショウソレイユ(牡7、保園翔也、笠松・笹野博司)
5-10 クリソライト(牡7、戸崎圭太、栗東・音無秀孝)
6-11 ゴールドドリーム(牡4、M.デムーロ、栗東・平田修)
6-12 タマモネイヴィー(牡6、繁田健一、浦和・小久保智)
7-13 サンドプラチナ(牡4、矢野貴之、大井・市村誠)
7-14 ヴァーゲンザイル(セ9、秋元耕成、浦和・冨田敏男)
8-15 サウンドトゥルー(セ7、大野拓弥、美浦・高木登)
8-16 プレティオラス(牡8、赤岡修次、大井・森下淳平)

地方競馬
【お前らの帝王賞の予想を教えてくれ】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/06/27(火) 05:44:39.26 _USER9
JRAは26日、大阪市内で17年度第1回関西定例記者会見を行った。そのなかでWIN5と海外馬券の現金発売へ向けての環境、
ソフトを開発中であることを明らかにした。発売開始時期などは未定だが、ファンが待ち望んでいた2つの馬券の現金発売が将来的に全国規模で展開される。

 インターネット投票のみ【注】で発売されていた夢馬券が、将来、全国の競馬場、ウインズで現金投票が可能になる。11年4月から発売されたWIN5も
当初は1日最高22億円以上売り上げる日があるなど好調だったが、最近は払い戻し額の上限である6億円にも売り上げが満たない週が続くことも。

 その売り上げ回復の起爆剤が全国規模での現金発売だ。「具体的な時期などは言えないが、現金発売へ向けての仕組みを開発中」と中村嘉宏JRA
お客様事業担当理事は明言。近い将来、多くのファンが求めていた環境が整うことになり、V字回復が期待される。

 昨年10月の凱旋門賞から発売が開始された海外馬券も現在はインターネット投票のみでの発売となっているが、こちらも現金で買えるシステムを
同時進行で開発中。こちらは時差のため早朝、深夜時間帯発走のレースもあるだけに、時差の少ない香港、オーストラリア競馬などに限定されることになりそうだ。

 この日、JRAが発表した6月26日終了時点での売り上げは昨年比101・3%。6年連続の売り上げ増に向けて順調に推移しており、将来的な門戸開放が
さらなる売り上げ増につながりそうだ。

【注】WIN5は現在、「i?seat」(在席投票)が設置されている以下の11事業所で購入可能。新潟、中山、東京、中京、京都、阪神の各競馬場と、
汐留、新横浜、名古屋、梅田の各ウインズに、エクセル浜松。

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0627/sph_170627_5174924526.html

【WIN5と海外馬券を全国規模で現金発売へ】の続きを読む

このページのトップヘ