トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2017/11/21(火) 17:46:00.74
【ディープインパクト(Deep Impact)】
父サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘア(母父Alzao)
2018年度Fee:4000万円(Private)
2017年度Fee:3000万円(Private)
2016年度Fee:3000万円(Private)
2015年度Fee:2500万円(Private)
2014年度Fee:2000万円(Private)
2013年度Fee:1500万円(前納、不受胎時全額返還)
2012年度Fee:1000万円(前納、不受胎時全額返還)
2011年度Fee:1000万円(前納、不受胎時全額返還)
2010年度Fee:900万円(前納、不受胎時全額返還)
2017度種付頭数:231頭(2016年度:230頭、2015年度:261頭、2014年度:255頭、2013年度:262頭、2012年度:246頭、2011年度:229頭、2010年度:219頭、2009年度:171頭、2008年度:216頭)
競走成績:14戦12勝(重賞10勝、2005年度三冠馬、2年連続年度代表馬)
種牡馬成績:2007年より供用開始。2012/2013/2014/2015/2016年度総合リーディングサイアー。

http://blog.goo.ne.jp/umaichi_news/e/02501212fc12646d22662d0f0d2cbcc4

サンデーサイレンス超えたな

【2018年度のディープインパクトの種付け料ついに4000万円www】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/20(月) 16:45:24.83
デムーロ騎手の両親が現地で息子2人を応援 “家族のパワー”もあった年間GI勝利のタイ記録
http://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=129350
ミルコ・デムーロ騎手が歴代タイとなるGI年間6勝目を挙げたマイルCS。大観衆を前に勝利騎手インタビューが行なわれている頃、ウィナーズサークル脇でひっそりと喜ぶ年配の夫婦がいた。ジョヴァンニ・デムーロさん(65)とラファエラ・デムーロさん(63)。そう、ミルコ・デムーロ騎手の両親だ。月曜から来日し、息子2人の応援のため京都競馬場に駆け付けたという。

 家族が見守る中でGI勝利を挙げられたミルコ・デムーロ騎手はこう話した。

「とっても嬉しいです。(両親の来日は)2004年以来で久しぶりでした。ちょうど弟もいたし、会いたかったです」

 その2004年の来日時は皐月賞当日だったというから、ミルコ・デムーロ騎手がダイワメジャーで勝った時。当時は弟のクリスチャン・デムーロ騎手はまだ幼かったという。両親にとって今回は2回目の来日なので、来日時の長男のGI勝率は100%ということになる。

「私たち、ここに残らないといけないわね(笑)」

 母ラファエラ・デムーロさんは嬉しそうにイタリア語で冗談を言った。そして、報道陣から1年でGI6勝を全て違う馬で果たしたのは史上初だと聞くと、こう答えた。

「すごく嬉しいことだと思うし、騎乗させていただけたことをみなさんに感謝したいです。家族の絆がとても強いので、イタリアから遠く離れていることに淋しさは感じますが、彼自身が選んだこと。彼の人生なので応援したいです」

 日本で通年免許を取得して2年8カ月。お互いに淋しさは募るだろうが、この間、ミルコ・デムーロ騎手はお寿司や納豆を好きになり、日本文化にさらに馴染んだ。

「今日は家族のパワーもありました」と流暢な日本語で語ったミルコ・デムーロ騎手。

 9000km以上離れたイタリアから応援し続けてくれる両親の愛を胸に、大舞台での快進撃はまだまだ続くだろう。
【デムーロ騎手の両親が現地で息子を応援 勝率100% 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/20(月) 21:19:18.89
【ジャパンカップ(日曜=26日、東京芝2400メートル)注目馬最新情報:栗東】ワンアンドオンリーの1週前追い切りは横山典を背に坂路で一杯に追われて4ハロン51・8―37・7―12・4秒。これだけ時計が出せるのは元気のいい証拠だろう。

 

5: 名無しの養分さん 2017/11/20(月) 21:20:27.71

【ワンアンドオンリー「今までで一番動きは良かった、JCこそは」 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/11/21(火) 11:05:22.82
11月26日に東京競馬場で行われる第37回ジャパンC・G1に出走予定のシュヴァルグラン(牡5歳)は、今週から短期免許で騎乗するヒュー・ボウマン騎手(37)=オーストラリア=とコンビを組むことが21日、決まった。
同馬を管理する友道康夫調教師(54)=栗東=がこの日、明らかにした。
http://www.hochi.co.jp/horserace/20171121-OHT1T50088.html

クラウン確勝キター!!!
デムーロ

【Mデムーロ、先約破棄でシュヴァルをポイ捨て…JCはクラウン騎乗へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ