トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2017/06/11(日) 16:32:55.88
取消し直前のマスゴミ。レース前の景気のいい言葉は何も信用できないことがばれてしまったな

スポーツニッポン「【ベルモントS】出走GOサイン!エピカリスは「力出せる状態」」
スポーツ報知「【ベルモントS】エピカリスの歴史的Vを期待…大上の予想」
日刊ゲンダイ「【米GⅠベルモントS】エピカリス中心」
サンケイスポーツ「【ベルモントS】エピカリスは順調!萩原師「ドバイよりいい」」
デイリースポーツ「エピカリス歩様に違和感も早め処置で良化 日本馬初の米クラシックVを狙う」

【エピカリス取消し直前のマスゴミが酷すぎると話題に】の続きを読む

17: 名無しの養分さん 2017/06/11(日) 16:30:57.69
浜中 落馬事故のダッシング導き、感極まる「お互いまた頑張れる」

勝ったダッシングブレイズは
昨年2月の東京新聞杯(G3)で
1番人気に推されながらも内柵に接触し落馬競走中止
鞍上の浜中は4カ所を骨折するなど全治3カ月の重傷を負った。

再びコンビを組んで1年4か月越しの重賞制覇を果たした浜中は
「(落馬事故となって)馬に申し訳ない気持ちだった。勝てばまたお互い頑張れると思って…その祈りが叶ってうれしい」と感極まった表情
「もっと大きいレースに向かっても頑張ってくれると思う」と今後にも期待を寄せた。

http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/06/11/kiji/20170611s00004048284000c.html

とりあえず浜中良かったな
馬券的にもありがとう

【エプソムCはダッシングブレイズ(イエスタカス)が重賞初制覇、浜中騎手が事故を思い出し感極まる】の続きを読む

【2017ベルモントステークス(G1)】エピカリス号が出走取消

アメリカ合衆国ニューヨーク州のベルモントパーク競馬場で行われますベルモントステークス(G1)の「11番エピカリス号」は、出走取消となりましたのでお知らせいたします。 出典:JRA様HPより
【エピカリス出走取消が正式決定(ベルモントステークス)】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/06/08(木) 23:39:08.03
それは昨年の4月22日。取材のため訪れた某厩舎の大仲(休憩や打ち合わせをする場所)で、なぜか酒盛りが始まってしまった時の話だ。
「俺の夢ね…。そうだな。孫と一緒にレースすることかな」
 声の主は関東のレジェンドジョッキー・横山典弘である。気難しさもレジェンド級…いやいや、栗東に出向いて調教をつけたこの日は超ご機嫌だった。缶ビールをたらふく飲みながら「きょうだけは何でも聞いていい」と言うので、ここぞとばかりに質問攻めをさせてもらったのだが、将来の夢や人生観、失敗談やら…とにかくざっくばらんに答えてくれた。
 ビールの空き缶が積み上がり、だんだんとろれつが回らなくなってくる。ただ、競馬学校に在籍している三男の話題になると、急に真面目な顔つきに戻ってこう言ったのだ。
「あいつはマジで“ヤバい”から覚えとけ。恐らく、相当なもんになる」
 今月5日、東京競馬場で競馬学校騎手課程第33期の第4回模擬レースが行われた。勝ったのは横山武史君(17)。残念ながらレースを直接見ることはできなかったが、好スタートを決めて見事に逃げ切ったそうだ。「父には4コーナーで膨れたことを厳しく言われました。褒められることはなかったです。きょうは改めて、競馬の難しさや父のすごさが分かりました」。何とも殊勝じゃないか。これで模擬レースは第2回(2R目)、第3回に続いて3連勝。父親が言う通り、腕は確かということだ。
 時は再び昨春に戻る。武史君が優れているのは具体的にどの部分なのか。その問いに、JRA・G1・25勝を誇る名手は「プロ向きな性格」と簡潔に答えるにとどめ、続けてこんな持論を述べていた。
「俺が思うに、約10年なんだ。調べたら分かるけど、トップになれるような才能を持つジョッキーってのは、大体10年ごとに現れているんだよ。周期的に、ウチのやつもそれに当てはまる」
 横山典ら競馬学校2期生は1986年、武豊ら3期生は1987年にデビュー。30年の時を経た来年の3月、33期生は大志を抱いてターフへ繰り出す。「父のように、ファンを楽しませられるようになりたい」。模擬レース終了後にそう誓った武史君が将来、どんな活躍を見せてくれるのか。今から楽しみだ。
【横山典「あいつはマジでヤバいから覚えとけ。恐らく相当なもんになる」】の続きを読む

    このページのトップヘ