トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2017/06/14(水) 03:32:58.11
今月の法則ネタ
M騎手がTM兼業エージェントのSとの契約を解除し
別の専業エージェントを据えようとする
→Sは「○ッ○馬(脚元に不安のある馬)ばかり揃えてやる」と
怒り爆発、さらにエージェントボス格のT氏が新エージェントに
「JRAに申請するな、俺達は50厩舎くらい(の馬)は自由になる、
俺達の仲間に入ったほうがいいぞ」ともちかける
→困った新エージェントがT調教師に相談、T調教師がT氏を呼び出して
事情聴取し、ことを収める
→この話を聞いたベテラン騎手Nが「馬を斡旋することで騎手から
金をもらっているエージェントが、○ッ○馬を回してやるとは何事だ!」
と激怒、騎手会で問題にすると猛反発
→さらにこのT氏とM氏は厩舎マネージャーを兼業してるが「50厩舎ぐらいは
自由になる」の発言にJRA内部でも看過できないという声が上がっている

エージェント



参考
力を持ちすぎたエージェントに対する"圧力"
http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3196.html

【エージェント(トラックマン)なんて居なくても競馬回るだろ】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/06/11(日) 16:53:52.09
第24回函館スプリントステークス(GⅢ) 第1回特別登録 13頭
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定 1200m 芝・右

イッテツ 56.0
エイシンブルズアイ 56.0
エポワス 56.0
キングハート 56.0
クリスマス 54.0
シュウジ 56.0
ジューヌエコール 50.0
セイウンコウセイ 56.0
ノボバカラ 57.0
ブランボヌール 54.0
ホッコーサラスター 54.0
ラインハート 54.0
レヴァンテライオン 52.0

【第24回函館スプリントステークスは流石にセイウンコウセイで決まりだよね】の続きを読む

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/13(火) 20:02:38.54
https://www.hicchu.net/column/igarashi/

>これも以前のコラムで少し触れた事だが、
>リエノテソーロの了徳寺オーナー。

>2着に持ってきた吉田隼人騎手を可愛がっていたのだが、
>早速溝ができた模様。

>理由を聞けば
>「馬主の食事会に参加しなかったから」というくだらない理由。

>大人にはそれぞれ事情があるということを、
>偉くなると忘れてしまうそうだ。




いつから吉田隼人は贔屓にしてくれるオーナーの誘いを断れるような立場になったんだよ
自分の立ち位置勘違いした結果ゴールドアクターからもリエノテソーロからも降ろされる二流騎手wwwww


吉田隼人騎手

【吉田隼人、「馬主の食事会への参加を断った」という理由でリエノテソーロから降ろされていたwww】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/06/12(月) 13:43:35.07
 8日に愛国のレパーズタウン競馬場で行われた、距離7ハロン(約1408m)の2歳メイドン(新馬戦)で、ディープインパクト産駒のセプテンバー(牝2)がデビュー勝ちを果たした。

 クールモアスタッドが所有し、エイダン・オブライエンが管理するセプテンバーは、G1・愛オークス(芝12F)、G1・ヨークシャーオークス(芝12F)など4つのG1を制したピーピングフォウンの5番仔にあたる。
2番仔まで愛国で産んだ後、米国に渡り、タピットを受胎した状態で来日。日本で2年続けてディープインパクトを交配された後、愛国に戻ったピーピングフォウンが、15年2月21日に愛国で出産したのがセプテンバーである。同馬の1歳年上の全兄にあたる、日本産ディープインパクト産駒のウィスコンシン(牡3)も、今年の5月にオブライエン厩舎からデビューし、5月25日にティッペラリーのメイドン(芝12F110y)を制して、2戦目にして初勝利を挙げている。

 8日の新馬戦で、S.ヘファーナンが手綱をとったセプテンバーは、道中を4~5番手で折り合うと、直線に 向くと弾け、残り1Fで先頭に立った後、後続を5.1/2馬身突き放す快勝劇を演じた。

 この結果を受け、英国のブックメーカー・ベット365社は同馬を、2018年のオークスへ向けた前売りで、
オッズ26倍の1番人気に浮上させている。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=122826


【ディープ産駒セプテンバーがアイルランドで新馬戦圧勝、英ブックメーカーでオークス1番人気に 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/06/12(月) 07:39:17.17
マーメイドSをマキシマムドパリで制した藤岡佑介騎手。13年の根岸S以来、4年ぶりの重賞勝利となりました。
「ホッとしました。皆、岩田さんからの乗り替わりで〝何で!?〟と感じたと思います。でも、チャンスが回ってきたので〝ここで勝てなければ〟くらいの気持ちで乗りました」
https://twitter.com/gendai_keiba/status/873809142993084416

調子乗んなよゴミハゲ

【【コネ大王】藤岡佑介、早速調子に乗って岩田をディスった模様】の続きを読む

    このページのトップヘ