トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2017/09/06(水) 20:44:48.45
天井まで2回ハマったわ
ちなみに激闘乱舞8連チャンで愛を取り戻せまで流れたのに430枚で死ぬほど糞ワロタ(笑)
こりゃ北斗2Gを越える糞台でハイエナする価値すらないわ

【スロット新台北斗の拳新伝説創造,激闘乱舞に入るまで3000Gもかかって糞ワロタ】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/09/06(水) 20:42:02.24

SnapCrab_NoName_2017-9-7_1-9-23_No-00

SnapCrab_NoName_2017-9-7_1-8-44_No-00

【【悲報】DMMバヌーシー、自社サイトのテストページにてコリアと名前の付く馬をアップする】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/09/05(火) 22:18:25.28
https://twitter.com/gokaioumasan/status/904762964271546376


カッコ良過ぎワロタwww
和田竜二

【和田さん、パドックの応援幕に落書きされた人へ神対応】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/09/05(火) 16:40:32.99
盛夏の下で繰り広げられたローカル開催も今週でラストを迎える。今季はM・デムーロが馬上から強烈なエルボーを放って先行争いを制すれば、
大ベテランは直線の攻防で先行馬をふっ飛ばしての追い抜き‥‥。ファンも騒然とした“二大暴力騎乗”のその後を追ってみると、意外な人間模様が見えてきた──。

 7月29日、ローカル競馬の後半戦を告げる小倉・新潟・札幌の開幕日に事件は起きた。スポーツ紙関西担当デスクが振り返る。

「小倉第2R、ダート1700メートル戦でした。M・デムーロ(38)の3番ブレイブウォリアー(4番人気)と川田将雅(31)の7番ミアグレイス(3番人気)がスタート後に
先行争いを展開。最初のコーナーでは川田がデムーロの前に出る形で切れ込み、一度は先頭に立ちました。が、デムーロも負けじと内から並びかけたその時です。
コーナーを回りながら、デムーロが川田に強烈な肘打ちを放ったんです。さらに2角を回りきる頃には、川田に向かって左の肘を回すような威嚇のポーズまでしていた。
どうも、『寄ってくんなよ!』とでも言っていたようです」

 1角で切り込んだ川田は内側に斜行したことで「戒告」。エルボーをお見舞いしたデムーロには「過怠金10万円」の制裁が科せられた。ちなみに、JRAの「裁決レポート」
には「左肘で小突く事象がありました」と、前代未聞の文言が明記されている。

 前出・スポーツ紙関西担当デスクが続ける。

「おいおい、『小突く』じゃなくて『肘打ち』だろうと思いました(苦笑)。ただ、JRAも『小突く』とした以上、故意を認めているわけですから『過怠金10万円』は、いささか
甘い処分と思いましたね。意識的に肘を突き出しているわけだから確信犯であり、格闘技以外のスポーツなら、暴力行為と見なされて一発退場モノです」

http://www.asagei.com/excerpt/87929

【デムーロ&柴田善臣「夏の暴力騎乗」について語る】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/09/06(水) 07:55:19.18
毎日王冠・G2での復帰を予定するリアルスティール(牡5歳、栗東・矢作厩舎)が同レースでMデムーロ騎手(38)=栗東・フリー=とコンビを組むことが5日、分かった。
同騎手が騎乗するのは昨年の天皇賞・秋(2着)以来、2度目。矢作調教師が「毎日王冠はミルコでいきます。(その後は)まだ決まっていません」と話した。
同馬は今年2月の中山記念(8着)の後、ドバイ・ターフへの出走を予定していたが、鼻出血のため回避。今回は7か月半ぶりの一戦となる。16日に栗東へ帰厩する。
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170905-OHT1T50166.html
デムーロ

【リアルスティール、鞍上Mデムーロで復帰戦の毎日王冠に挑む】の続きを読む

    このページのトップヘ