トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2017/12/11(月) 22:32:50.87 _USER9
過去2年で4頭の優勝馬を出してきた香港国際競走(すべてGI)。日本馬にとって“準ホーム”ともいえる地で今年は8頭全馬が完敗した。
香港カップ(芝2000メートル)のネオリアリズム、香港ヴァーズ(芝2400メートル)のトーセンバジルの3着が精一杯だった。香港で進軍が
ストップした理由はいったいなんだったのか?

 4競走の勝利の内訳はアイルランドの1勝(香港ヴァーズ=ハイランドリール)に地元・香港の3勝。日本馬は3年ぶりに勝利を逃した。
日本馬の力量不足なのか、それとも地元馬が強くなったのか、と問われればそれは間違いなく後者だ。春のクイーンエリザベス2世Cを制した
ネオリアリズムを筆頭に菊花賞馬キセキなど、本来なら有馬記念に参戦するはずの馬が何頭も遠征したのだから勝負にならないはずがない。

 ただ、今回の地元馬は打倒・日本馬に万全の態勢を敷いていた。エイシンヒカリ(2015年)、モーリス(16年)で日本馬に蹴散らされた
香港カップはベストメンバーに近い布陣。ワーザーのJ・ムーア調教師は「日本のみならず各国には2000メートルで強い馬がいる。
本番にいかにベストに持っていけるか。とくにワーザーは体調を整えるため、トライアルはあくまで準備段階と割り切った」と話し、地元のビッグレース
だけは譲らない強い気持ちで馬を仕上げてきた。実際、勝ったタイムワープと地元勢ワンツーを決めた香港Cはトライアルの2、1着馬。
地元の意地を世界に見せつけた格好だ。

 ビューティーオンリーを今年の安田記念に出走(6着)させたA・クルーズ調教師も「日本馬の強さは身をもって体感したが、地元に戻れば話は別だ。
私が管理しているタイムワープの勝利には満足しているし、2000メートルでポテンシャルを発揮できると信じて前走から距離を見定めた」と確かな
計算をもとに有言実行を成し遂げた。

https://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/855028/
no title


【香港国際競走、日本馬8頭完敗の理由 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/12/01(金) 16:03:15.48
 セガサミーホールディングス <6460> が11月30日大引け後(16:00)に業績修正を発表。 
18年3月期の連結経常利益を従来予想の160億円→100億円(前期は285億円)に37.5%下方修正し、 減益率が43.9%減→65.0%減に拡大する見通しとなった。 

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、 
当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の92.4億円の赤字→152億円の赤字(前年同期は130億円の黒字)に下方修正し、 
赤字幅が拡大する計算になる。 

https://minkabu.jp/stock/6460/news/1413136
里見治

【里見オーナーの会社、純利益8割減に下方修正 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/12/10(日) 19:17:57.15
「The Glory of Queens 華麗なる女王たちの記憶」投票結果発表

 1位 ウオッカ
 2位 ブエナビスタ
 3位 エアグルーヴ
 4位 ダイワスカーレット
 5位 ジェンティルドンナ
 6位 ヒシアマゾン
 7位 シーザリオ
 8位 アパパネ
 9位 メジロドーベル
10位 スイープトウショウ
11位 ベガ
12位 アドマイヤグルーヴ
13位 ノースフライト
14位 マリアライト
15位 ダンスパートナー
16位 ソウルスターリング
17位 ステレイトガール
18位 ファインモーション
19位 ミッキークイーン
20位 メジロラモーヌ

ソース:本日配布の2018年JRAカレンダー
no title
👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

【JRA「The Glory of Queens」投票結果発表!1位はもちろん・・・】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/12/11(月) 13:23:59.98
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=130415
2019年に中国本土で競馬開催へ 香港ジョッキークラブが発表

香港ジョッキークラブが、中国本土に建設中のツンホア・トレーニングセンター(広東省)において、2019年に競馬開催を行なうべく準備を進めていることが明らかになった。
香港ジョッキークラブのCEO職にあるウィンフリード・エンゲルブレヒトブレスゲス氏が、競馬記者との懇談の席で公表したものだ。

香港から車で3時間半ほどの地点に位置するツンホア・トレーニングセンターは、香港ジョッキークラブが10億ドル近い資金を投じて建設中の調教施設である。
2000mの芝コースと、その内側にあるオールウェザートラックに加え、坂路コースも備えており、シャティン競馬場に対する外厩として2018年8月にオープンする予定だ。
当初は664馬房で稼働し、将来的には1500馬房まで増やすことが計画されている。

競馬開催について、現段階では具体的な施行日は決まっていないが、レーシングカーニヴァルという名目で行なわれる模様だ。

ただし、中国本土の法律を鑑みて、馬券発売を伴わない開催になる見込みである。
ツンホアは温泉が出るリゾート地として知られており、観光資源の1つとして競馬が根付くことが将来的な目標になると、エンゲルブレヒトブレスゲス氏はコメントしている。
海外



本土の中国人が競馬ファンになったら凄いことになるのでは?

【香港「中国本土で競馬開催するわ」 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/12/10(日) 13:14:03.06
 野球解説者の張本勲氏が10日、レギュラーコメンテーターを務めるTBSテレビ「サンデーモーニング」(日曜、前8時)で、今秋行われたJRAのG1レースをほとんどが外国人騎手が制している現状について、日本人騎手全般に「喝だ!」を入れた。

 番組では先週3日に行われたG1・チャンピオンズCの模様を流し後、今年秋のG1レースの戦績をフリップで紹介。騎手の欄にはミルコ・デムーロ、ルメール、ボウマン、ムーアの外国人名がズラリと並び、日本人名は天皇賞(秋)をキタサンブラックで制した武豊だけだった。

 張本氏は「外国人騎手はさばきがうまいからね。日本は武(豊)くらい。日本人騎手はいい目標があるんだから見習ってほしいよね」と語った。
喝

【張本勲が「日本人騎手に喝!今活躍してるのは武くらい」とサンデーモーニングで発言 】の続きを読む

    このページのトップヘ