トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2018/03/08(木) 16:08:05.52
ニコ生で中継らしい
当たりまくったら競馬関係マスコミ、予想家、解説者は絶滅危惧種に指定されるの?
 ドワンゴは3月8日、AIに競馬の勝ち馬を予測させて得られた収益を全額寄付するプロジェクト「人工知能募金 あなたの募金を増やします」を動画サービス「niconico」で3月10日に始めると発表した。AI技術の発展と競馬業界を活性化する取り組みの一環。

 企画に賛同する寄付先(公益団体など)が決まり次第、ユーザーから募金の受付を開始。集まった募金と“同額”の馬券購入費用をドワンゴが負担し、的中して得られた収益と合わせて寄付する仕組み。AIの予測が的中すれば寄付額が増え、負けた分はドワンゴが負担するため寄付額が減ることはない。

 競馬予測AIは、ドワンゴのAIエンジニアによる、機械学習アルゴリズムで設計した「Mamba」を採用。競走馬や騎手、厩舎などの成績の他、血統やオッズの変化など約1500個の特徴量を使い、過去の膨大なレースを学習。勝ち馬のパターンを学習し、勝利確率を予測するという。

 プロジェクトでは、1日ごとに収支を計算する。AI予測の当たりが多いほどより多くの寄付ができるため、「リスクを少し大きく取り、1日の収支の分散が大きくなるよう(=大きく当てるよう)チューニングを施した」という。

 東京競馬場と中山競馬場の全レースを対象に1年間シミュレーションした結果、「調子の良い日にどれだけ寄付を増やせるかが見どころになる」ことが分かったとしている。「運も大切な要素になる」とし、少しでも勝率を高めるためにアップデートを続けていくという。

 3月10日のレースでは、競馬予測AIの精度をニコニコ生放送で公開し、ドワンゴが独自に用意した資金で実際に馬券を購入する。

 同社はこれまで、コンピュータ将棋ソフトと人間のプロ棋士が対局する「将棋電王戦」、コンピュータ囲碁ソフト「DeepZenGo」の開発支援、選挙情勢を解析する「当確予測AI」の開発などをしてきた。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3344636




【AI競馬予想番組をニコ生で中継「人工知能募金 あなたの募金を増やします」】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/03/07(水) 05:40:16.53
競走馬登録抹消、乗馬へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000176-sph-horse
4日の報知杯弥生賞・G2で異例の重賞でのデビューを果たしたヘヴィータンク(牡3歳、栗東・森厩舎)がわずか1戦のみで引退することが6日、分かった。重賞のみのキャリア1戦で引退する競走馬は84年のグレード制導入後、初めて。今後は乗馬になる予定。

【写真】【報知杯弥生賞】異例の初出走で重賞参戦のヘヴィータンク、ブービー馬から20秒7離され

 クロフネを父に持つ同馬は豪華メンバーがそろった皐月賞トライアルを初戦に選んだが、道中はついていけずに追走に手いっぱい。9着のアサクサスポットに20秒7離され、勝ったダノンプレミアムからは22秒9も離される大差の最下位となる10着に沈んだ。

 現在の日本競馬では、未出走馬が出走可能な重賞は2歳夏のレースと、3歳春に行われるクラシックG1のトライアルのみ。84年以降、デビュー戦での重賞挑戦は同馬が初めてだった。それ以前は詳細なデータが確認できていないが、日本競馬史上、極めて珍しいケースといえる。
【デビュー戦が弥生賞のヘヴィータンク、1戦1敗で引退】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/03/06(火) 12:31:51.61
http://biz-journal.jp/i/gj/2018/03/post_5991.html
やらかしたみたいだな



「中内田調教師がフジテレビにすごく怒ってるみたいだよ。フジテレビというより『みんなのKEIBA』のコメンテーター・細江純子さんに、とのことだけど。ダノンプレミアムがレコード圧勝した朝日杯FS(G1)の放送の時、細江さんがパドック解説でとにかくダノンプレミアムを評価しない雰囲気だったのが一部で話題になったよね。
その中で何か『余計なこと』を言ったみたいだ。『あの女を降ろさないなら一生この番組は出ない』とまで......。どの部分で怒ったかは明らかじゃないけど、相当オカンムリだと」(関係者)

 今や競馬界の新星として輝く中内田調教師。細江氏は逆鱗に触れてしまったようだ。
「中内田調教師がフジテレビにすごく怒ってるみたいだよ。フジテレビというより『みんなのKEIBA』のコメンテーター・細江純子さんに、とのことだけど。ダノンプレミアムがレコード圧勝した朝日杯FS(G1)の放送の時、細江さんがパドック解説でとにかくダノンプレミアムを評価しない雰囲気だったのが一部で話題になったよね。

その中で何か『余計なこと』を言ったみたいだ。『あの女を降ろさないなら一生この番組は出ない』とまで......。どの部分で怒ったかは明らかじゃないけど、相当オカンムリだと」

中内田

【JRA中内田調教師が細江純子氏に大激怒 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/03/06(火) 12:02:30.31
今年の7月27日からJRAホームページ上で、開催競馬場の含水率が公表されることになった。
含水率とは馬場に含まれている水分の割合を、重量を基準としてパーセントで示すもの。
現在、JRAは最も乾燥している状態から“良”“稍重”“重”“不良”の4段階に分けている。
ただ、含水率を発表するようになってからも、従来通り馬場担当者が実際に踏査した上で、複数の箇所で測定された含水率を参考として総合的に判断することになるようだ。一概に数字だけで決めるものではない。
 数値に関しても、公表されるのは開催前日(通常金曜)の正午ごろ、開催当日(通常土曜、日曜)の午前9時20分ごろに限られており、午後のレースに関しての正確な数値は出ない。
また、芝コースは各競馬で使用している路盤の材料等が同一ではないため、含水率と馬場状態の区分の関係性は競馬場によって違いが生じる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000048-dal-horse
JRA

【JRAが馬場の含水率公表へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ