トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2017/09/02(土) 19:09:49.29
ノーザンファームからトレセンまで輸送するため、2歳馬を馬運車に乗せようとしたところ、馬が少し嫌がる。


野本氏 (手をポケットに突っ込みながら)

野本氏「大丈夫ですか?なんかちょっと心配になってきた」


厩舎長「大丈夫だと思いますけどね」※生き物である以上、絶対に大丈夫と断言できないのは当然のこと


野本氏 (厩舎長に指をさす。片手はポケット)

野本氏「怪我だけは絶対にさせないで下さいよ!あんた厩舎長なんだから!」



動画
【【悲報】DMMバヌーシーの野本氏、ノーザンファームの厩舎長に失礼な発言をしてしまう】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/08/31(木) 09:58:16.98
342 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/13 12:59:41
パドックキャスターの梅澤真理子
競馬場で出待ちしている競馬ファンと個人的にLINE交換し、大井競馬場で合流
別日には競馬ファンと東京ドームに野球観戦

【パドックキャスターの梅澤真理子さんが競馬場でナンパされて交際か?】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/08/31(木) 16:07:48.54
全財産1200万円が競馬で無一文に…

1992年10月。双子の弟・浩と鹿島アントラーズからそのシーズン限りでの契約解除を伝えられた。25歳になる直前だ。

当時の私は、プロとしての競争意識が養われていなかった。社会人リーグからJリーグへと移る過渡期の世代で、プロ化の動きに乗り遅れた。
プロ契約の形式を取っていたけれど、自分がチームで不遇だったこともあって「Jリーグなんか…」とふて腐れていた。戦力外通告も仕方のないことだった。

サッカー以外の人生にも関心があり、違う道を歩みたくなっていた。青森の地元にレストランを出そうと目星もつけていた。
そのための開業資金を増やそうと、当時蓄えていた1200万円を携えて中山競馬場に向かった。

いつも競馬場へは知人らと行ったのに、そのときはひとりで向かった。土曜日のレースで、半分をあっという間に失った。
それでも、まだ600万円が残っている。日曜日は1レース、馬連の1点買いに残りのすべてをつぎ込もうと決めてしまった。

競馬新聞を読み、パドックを見て、窓口に向かった。買った馬の名前は覚えていない。1~3番人気までの2頭だったはずだ。
大きく買うとオッズは落ちるが、落ちても3倍くらいの配当がつく馬券を狙っていた。

レース内容は記憶にない。とても見ていられなかった。ただ顔を上げたとき、万馬券のような配当だったのを覚えている。なぜ、こんなときに荒れるのか。
持ち金すべてを失ったことが分かると、急にガタガタと体が震え出した。競馬場を出た後、どこをどうやって歩いたのか。
丸井のカードでキャッシングをし、鹿嶋町まで電車で帰ったことは覚えている。

ギャンブル依存症という病気は、自分だけうまくいくと思っている人がかかるといわれる。
当時の私がまさしくそれで、俺は負けない、俺の人生は必ずうまくいくんだと勝手に思い込んでいた。なにも根拠はないのにね。
ギャンブルは遊びであるべきなのに、遊びでなくなっていた。その時点で勘や感情は鈍っている。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20170831/jpn17083111000001-n1.html
手倉森誠

【サッカー日本代表コーチ手倉森誠、若い頃競馬で1200万溶かす】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2017/08/30(水) 12:27:12.52
元AKB48の不人気メンバーでひっそり卒業していた片山陽加、名取稚菜の2名が、9月3日の新潟競馬場にてイベントを行うと発表。

片山はシルク・ホースクラブに入会し、大人気で実績者でも取れなかった白毛の「ハウナニ」に出資し、当日応援オフ会を行う模様。

しかしパドックでの参加自由なオフ会を呼びかけ、馬が暴れる等の悪影響を及ぼす恐れ。

オフ会の様子は撮影してインターネット動画番組で流す模様。

また、1回1500円のチェキ会(撮影会)も同時に行うとの事だが、当日の新潟競馬場イベントにその旨は載っていない。

両名の人気程度で集客できるのかという話はさておき、競馬場内における無断での営業行為は当然禁じられており、果たして開催するのは問題無いのであろうかとネット上では批判の的となっている。

片山

【元AKBが新潟競馬場で無許可営業を計画】の続きを読む

    このページのトップヘ