トリガミ競馬まとめ

競馬の最新ニュースや2CHなどをまとめています。 他のブログには無い「マニアックな情報」や「面白い情報」を1つでも多く提供するのが目標です。『皆様に選ばれる競馬まとめ』になれるよう今後も頑張ります。是非お立ち寄り下さい。

1: 名無しの養分さん 2018/01/05(金) 20:52:25.80
平成30年が始まりました。 
皆さまは年末年始いかがお過ごしでしたか? 

このブログでは去年以上に 
スイーツ情報や仕事のことを書いていきますので 
どうぞ今年も 
ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 

さて早速ひとつお知らせがあります。 

1月7日の競馬BEATの京都10Rで、 
久しぶりに「実況」することになりました。 

岡安アナ


正直色々な思いがあります。 
詳しくは機会を改めてお話ししますが 
今一番感じていることは 

「怖い」 

ということです。それがありのままの思いです。 

競馬実況はある意味スポーツと一緒です。 
ブランクを取り戻すことは容易ではありません。 
動体視力・反射神経・滑舌… 
悲しいかなこの数年離れている間に 
どれもが情けないくらいレベルダウンしていました。 

ここ数カ月「勘」を取り戻すべく 
リハビリしましたが、 
果たして「関西テレビの競馬実況」 
として聴くに堪えるものになるのか… 
正直現段階では「不安」の方が大きいです。 

ただ、プロとして放送席に座る以上 
言い訳は絶対にできません。 
今の自分にできる最高の実況をして 
皆様に競馬の魅力をお届けできればと思います。 
【関テレ岡安アナ 7日の京都10Rで実況に復帰 】の続きを読む

1: 名無しの養分さん 2018/01/06(土) 07:31:52.32 _USER9
競馬界に衝撃的なニュースが飛び込んできた。

日本が誇るトップトレーナー・角居勝彦調教師(53)=栗東=が21年2月をもって調教師免許を返上することが5日、明らかになった。
牝馬でダービーを制した7冠馬ウオッカ、ドバイワールドCを日本馬として初めて制したヴィクトワールピサ…多くの名馬を輩出してきた名門厩舎が、あと3年で解散する。

押しも押されもせぬトップトレーナーが厩舎の解散を決断した。

11~13年まで3年連続でJRA賞最多勝利調教師を獲得。毎年のようにビッグレースを制し、
中央、地方、海外G1通算35勝は現役最多を誇る角居師が、21年2月をもって調教師業を廃業することが決まった。

全国リーディング3位に輝いた昨年もキセキで菊花賞を制した関西の名門厩舎だ。誰もが驚く突然の引退宣言に、
「天理教を継ぐためです。昨年、母が体調を崩して教会に通えなくなり、この1年間考えました」と角居師は決断に至った理由を説明。
競馬界を離れ、地元の石川県で、祖母の代から受け継ぐ天理教の仕事に従事するという。

昨年誕生したウオッカの6番子の牡馬(父フランケル)など17年生まれの現1歳馬で挑む20年が、師にとって最後のクラシックとなる。
また、今年生まれる馬は預かっても3歳2月末の転厩となることなど、馬主に対する配慮から、この段階での発表に。

既に緊急のお知らせとして馬主には文書での通達も行っている。
「うちの厩舎は、早い時期に預かることが決まります。そのため、早めにお知らせさせていただきました」と明かした。

国内外でその手腕を発揮し、多くの活躍馬を育て上げた名トレーナー。また、障がい者乗馬を支援する団体の普及や活動などにも尽力してきた。
「あと3年と少しですが、目いっぱい、手を抜くことなくやりたいと思います」。

ウオッカで64年ぶりとなる牝馬によるダービー制覇(07年)を成し遂げ、ヴィクトワールピサでの11年ドバイワールドCの日本馬初制覇では、東日本大震災で沈む日本を勇気づけた。
国内だけでなく、“世界のスミイ”と呼ばれる名伯楽は、開業から丸20年で競馬界を去る。

1/6(土) 5:01配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000004-dal-horse

写真
no title

【角居厩舎解散へ!理由「天理教を継ぐため」】の続きを読む

    このページのトップヘ